救急医療の現場で今後改善が見込める分野

日本の救急医療のレベルは、非常に高いと言わざるを得ません。
電話をかければすぐにオペレーターに繋がって、五分ほどで救急車が到着します。
国土が狭いので、救急車が来るまでの時間が短いというのもあるのかもしれません。
アメリカや中国のような広大な面積を誇る国では、救急車がなかなか到着しないケースもあるでしょう。
ただ、逆に救急ヘリの進化はアメリカほどではありません。
ヘリコプターの台数も少ないですし、ヘリコプターが着陸できる場所もそう多くはありません。
救急ヘリだけに限れば、新興国並みと言っていいかもしれませんね。
今後は、この分野の改善も求められています。
ヘリコプターは災害時にも活躍する乗り物です。
道路が使えなくなっても救急医療の質を維持できるように考えておく必要はあります。
救命医師の数を増やすことも、課題の一つに挙げられますね。
非常に高度な技術が必要になるのが救命救急の現場です。
医師全体のレベルアップを果たさなければ、救命医師の数を増やすことは難しいかもしれません。